11月4日(日曜)  11:30開場   12:00開映 


12:00~  「ダイジナモノ」

 

朝比奈徹監督

1988~鈴木則文監督、神山征二郎監督らの助監督 を務め、2016年 短編映画「ダイジナモノ」2017年 劇場版映画「ダイジナモノ」2018年 短編映画「もみじの約束」を監督。

プロデューサー・・徳花美紀(とくかみき) 特殊能力を持つ波動鑑定師であり女優業もこなす。企画・プロデューサーとしてもマルチの才能を発揮。幼少から日本映画が好きで今回は出演・脚本・P・主題歌制作も担当。今勢いある個性派。           予告編はこちらから!


14:15~  「公衆電話」

松本動 監督

「公衆電話」映画祭の上映経歴

  

第22回 横浜映像天国 グランプリ

第5回 岩槻映画祭 最優秀作品賞(グランプリ)、観客賞

第5回 栃木・蔵の街かどアワード ノミネート

SSFF&ASIA 2018/ショートショートフィルムフェスティバル&アジア 2018 ジャパン部門 ベストアクター(入江崇史)賞

星降る。どうぶつ園シネマ グランプリ(みさき公園賞)

福岡インディペンデント映画祭2018 優秀作品第4回立川名画座通り映画祭 招待作品

夜空と交差する森の映画祭2018 正式上映、Kisssh-Kissssssh映画祭2018 特別招待作品

第13回札幌国際短編映画祭2018 ジャパン・パノラマ部門入選、第8回知多半島映画祭 ノミネート

高雄映画祭2018 特別上映、那須ショートフィルムフェスティバル2018 ノミネート

Kinofest International Digital Film Festival 2018 ノミネート・・・他       予告編はこちらから!  

 


14:45~  「stange」

 

高橋峻之介 監督、脚本、撮影、編集、音楽

 

中学時代に観た2001年宇宙の旅に衝撃を受け、映画製作を志す。高校時代に、友人と映画同好会を開き、初めて作った2本が、それぞれ2012年全国高校生映画コンクール(現eiga world cup、旧映画甲子園)にて環境部門で優秀賞、自由部門で入賞する。2016年には早稲田映画まつりの短編部門にて「isotope」が上映された。

予告編はこちらから!


16:00~  「路上組」

 

浜崎初菜監督 

高校時代から短編アニメや実写映像を作り、卒業後、邦画の現場で働きはじめる。思い描く主人公の吐く言葉、眼差し、流れる音、光や色、景色。 

その一つ一つの生き様を数時間に閉じ込める。

そんな映画監督は世界で1番ロマンある職業だと感じます。

それぞれの「夢」に対する思いや苦悩を描いた群像劇です。 

映像制作歴6年目の期待有る新人です。

                                                                                           予告編はこちらから!


17:05~  「水仙花」

 

Liu Jialiang   (リュウ カセイ)監督

「水仙花」 手描きアニメーション

・Global Student Film Awards 2018 ノミネート

・Heart Art in FUKUOKA 2018 第21回エイズチャリティー美術展 展示予定

 

アニメーション初出品・・・期待大の作品です。


18:00~  「IKARIDA・脱獄〜隣の住人」

 

楠美聖寿監督

カプリコーンフィルム代表、20代の頃よりプロダクション系養成所に所属し演技の基礎を学ぶ。現場で学んだ映像知識を独自に昇華させ、2008年に公開した「出所案内所」で映画監督としてデビュー。当時でも旧式であった家庭用ホームビデオ1台を極限まで屈指して、撮影を敢行。作品の熱に拘った作品である。映画監督目線と俳優目線を並して持ち合わせており、作品内の人物描写に高い評価を得ている。